松前線



線名:松前線(まつまえ・せん)
区間:木古内(きこない)−松前(まつまえ) 50.8Km
全駅:木古内−森越−渡島知内−重内−湯ノ里−千軒−渡島福島−白符−渡島吉岡−渡島大沢−及部−松前
開業:1937年10月12日 木古内〜渡島知内
全通:1953年11月08日
廃止:1988年02月01日
訪問:1979年05月03日

松前駅入場券 松前駅

函館のひとつ北、函館本線五稜郭(ごりょうかく)駅から分岐した江差線(えさしせん)が木古内駅でさらに分岐した支線だった。
青函トンネル工事は、当初は渡島福島から地上に出る予定だったのが、新幹線も通すことになり、よりゆるやかな傾斜が求められたため、結局松前線を廃止し、海峡線として木古内に接続し、木古内から江差線を利用して函館方面に抜けるルートになった。
松前は松前藩のお膝元であり、北海道唯一の城があったことで有名である。5月には遅いサクラが咲き、北に暮らす人々を楽しませてくれる。

木古内駅スタンプ 松前駅スタンプ
航空写真へ
TOP