夕張線



線名:夕張線(ゆうばり・せん)支線  通称 登川線(のぼりかわ・せん)
区間:紅葉山(もみじやま)−登川(のぼりかわ) 7.6Km
全駅:紅葉山−楓−登川
開業:1916年07月11日 紅葉山−登川
全通:1916年07月11日
廃止:1981年07月01日
訪問:1980年03月08日

登川駅入場券

登川駅
登川駅
登川駅 登川駅

夕張線は新千歳空港のほど近く、室蘭本線追分駅から分岐して炭鉱で知られた夕張へ結ぶ路線である。夕張までは現在も営業しているが、途中駅の紅葉山(もみじやま)駅……現在の新夕張駅付近……から、東へ分岐する支線があった。通称登川線で、まぎれもなく石炭輸送のために作られた鉄路である。石炭産業が斜陽になり、閉山。町はひっそりと静まりかえったところに、札幌と道東を結ぶ石勝線がここを通ることになり、線路は一部付け替えられて、登川駅は姿を消した。
場所を移して新設された楓(かえで)駅(廃駅)を1995年に訪れたが、幹線の石勝線(せきしょうせん)となって、高規格の線路が何本も走っていた。地元の人に「登川駅はどこにありますか」と聞くと、怪訝な顔をして「草に埋もれているよ」とぽつりと答えた。本当にそうなっているのか、まったく興味がないので廃墟になっているたとえでそう言ったのかはわからない。

登川駅はたった1両の気動車が着く小さなホームと、こぢんまりした駅舎だけの、かわいいいかにもローカル線の終着駅という雰囲気を備えた駅だった。そのためか、奥村チヨの往年のヒット曲「終着駅」のレコードジャケットの撮影に使われたという話しを聞いた。
夕張駅
かつての夕張駅は現在の位置とは異なる。

夕張駅入場券

紅葉山駅入場券
紅葉山駅 楓駅

-----と書いた手前「終着駅」のレコードが欲しくなり、いろいろと探したが奥村チヨがヨーロッパの城(フランス・ロワールのシャンポール城と思える)をバックに写っているジャケットしか見当たらない。発売当時、確かに近所のレコード店で鄙びた駅舎をバックにしたジャケットを見た記憶があるし、夕張関連のサイトでもそのような記述がある(登川駅前で歌う奥村チヨをNHKが放送したという記述もあった)。登川駅が写っているレコードジャケットをお持ちの方はいらっしゃるのだろうか。

奥村チヨ「終着駅」

-----と書いて数ヶ月、ヤフオクをチェックしたらなんとこれまでと違うジャケットの「終着駅」が出品されているではないか(2002年6月)。四曲入りの企画モノのようだ。私の記憶していたローカル駅のジャケットは、駅舎をバックに駅前に降り立った写真だったが記憶違いか、はたまた別バージョンか。
この世のものとは思えない金額で入札し、落札した。
残念ながら駅名票は読めず、この駅がどこだかわからない。登川駅のホームにはジャケットのような待合の小屋はなかったようだが、さてどこの駅で撮影したのだろう。ジャケットを見返しても何も説明がない。

奥村チヨの終着駅

----------と書いて7年の歳月が過ぎた。
2009年11月10日に黒滝さまより次のようなメールをいただいた。

奥村チヨのレコードジャケットの件ですが、私の亡叔父が夕張線で車掌をしているときに話していましたが、あの駅舎は終着駅ではなく中間の滝ノ上駅にて撮影していたそうです。
当時は終着駅という歌の写真に使うのはどうかと言ってました。
線路や街並みはかなり変わってしまいましたが背景の山は今でも同じような感じです。

ついにジャケット写真の撮影駅の謎が解けたのだ。
どうもありがとうございます。



TOP