胆振線



線名:胆振線(いぶり・せん)
区間:伊達紋別(だてもんべつ)−倶知安(くっちゃん) 83.0Km
全駅:伊達紋別−上長和−壮瞥−久保内−蟠渓−北湯沢−優徳−新大滝−御園−北鈴川−喜茂別−留産−南京極−東京極−京極−北岡−寒別−参郷−六郷−倶知安
開業:1919年11月15日 倶知安〜京極
全通:1941年10月12日
廃止:1986年11月01日
訪問:1979年05月04日

倶知安駅 寒別駅
京極駅 京極駅
京極駅での交換待ち。1986年
喜茂別駅
羊蹄山が美しい、喜茂別駅での交換待ち。1979年
喜茂別駅

胆振線は蝦夷富士とも呼ばれる羊蹄山をぐるりと囲むように、室蘭本線の伊達紋別駅と、函館本線の倶知安駅とを結ぶローカル線だった。一面のジャガイモ畑から羊蹄山がそびえ立つ姿、さらにアクセントを添える尻別川はとても美しく、何度も乗ってみたい線だった。
しかも鉄道マニア的にはずせないのは、京極(きょうごく)駅から脇方(わきかた)駅への枝線があったことだ。これは1970年に廃止されているが、そり残したひげのように1駅だけ伸びた、かわいい枝線だった(筆者は乗ってない)。
2000年3月の有珠山噴火の際、某テレビ局の説明用地図フリップに胆振線が描き込まれており、思わぬところで再会した(すぐに正しい地図に戻ったが)。歴史をひもとくと、昭和新山の発生時には長らく運休になっていたこともある。

御園駅 新大滝駅
新大滝駅
廃止間近時の車掌手作りの乗車証明
廃止間近に乗ったときの、車掌手作りの乗車証明
蟠渓駅
難読の蟠渓駅(ばんけいえき)
両端駅のスタンプ
航空写真へ
TOP