幌内線




線名:幌内線(ほろない・せん)
区間:岩見沢(いわみざわ)−幾春別(いくしゅんべつ) 18.1Km
全駅:岩見沢−栄町−萱野−三笠−唐松−弥生−幾春別
   三笠−幌内住吉−幌内
開業:1882年11月13日 岩見沢−幌内
全通:1906年10月01日
廃止:1972年11月01日(三笠−幌内)
   1987年07月13日(岩見沢−幾春別)
訪問:1974年08月05日

幌内線の歴史は古い。北海道の石炭産業の歴史でもある。
1882年、明治15年に札幌から岩見沢を通り幌内に抜ける官営幌内鉄道が敷設された。以後、北海道炭鑛鉄道に譲渡され国鉄に買収された。
函館本線岩見沢駅から分岐した枝線なのに、さらに三笠駅から幌内へ向かう枝線があった。正確には幌内に向かう枝線が幌内線の本家であり、幾春別へは分家だったのだろう。しかし、幌内線の名前の由来となった幌内駅は、一足早く1972年に廃線(客扱廃止)になっているので、筆者は幌内駅を訪れていない。

幾春別へ行ったのは、道央の炭鉱へ向かう枝線をまとめて乗りつぶしていた大学生の夏である。日が傾きかけた幾春別駅は妙に蒸し暑く、列車が戻るまでの時間、駅前の食堂で氷イチゴを食べた。わずか70円、当時としても格安だった。あの食堂やおばさんはどうなっただろうか。

幾春別駅入場券 幾春別駅スタンプ

2003年5月に幾春別駅跡を訪ねる機会があった。駅舎跡はご多分に漏れずバスターミナルになっていた。記念の碑が立っていたが、うれしかったのは朽ち果てた跨線橋が残っていたことである。 くだんの駅前の食堂であるが、一角が更地になっている。どうやらこれが氷イチゴ70円の食堂跡のようだ。その奥にはなんでも屋がまだ営業しているようだが、あいにく休日のため閉まっていた。 奔別炭鉱の櫓が不気味に立っており、町全体が消え行く静寂に包まれていた。
岩見沢への道中、まだ鉄橋が残っている部分もあり、幌内に行く支線は三笠鉄道村として線路が残っており、廃線跡の好きな人にはたまらない魅力を残している路線である。

航空写真へ

TOP