羽幌線



線名:羽幌線(はぼろ・せん)
区間:留萠(るもい)−幌延(ほろのべ) 141.1Km
全駅:留萠−三泊−臼谷−小平−(花岡)−大椴−(富岡)−鬼鹿−(千松)−力昼−(番屋ノ沢)−古丹別−上平−苫前−(興津)−羽幌−築別−天塩有明−天塩栄−初山別−豊岬−天塩大沢−共成−歌越−天塩金浦−遠別−(啓明)−丸松−更岸−(干拓)−天塩−(中川口)−北川口−振老−(作返)−幌延
(  )の駅は、仮乗降場。
開業:1927年10月25日 留萠−大椴
全通:1958年10月18日
廃止:1987年03月30日
訪問:1977年08月05日

北川口駅

羽幌線は北海道北部の西海岸を、留萠から幌延にかけて走る、141km以上におよぶ長大路線だった。沿線には天売・焼尻島のある羽幌町や、かつての鰊番屋のある小平町、このほかにも、苫前町、初山別村、遠別町、天塩町と、観光名所やいくつもの町村を抱え、相応ににぎわっていた。筆者が乗車したのは1回だけだったが、それなりの乗車率であった。こういう線区まで廃線になってしまった。
なにが悲しいかと言って、北海道北部の海岸線を鉄道路線で描けなくなってしまったことだ。地元でなく遠く離れている者にとっては、地図の輪郭が失われたのが妙に寂しく感じた。並行している国道をクルマで走れば、立派な高架橋がそのままに残っていたのだが、それも撤去されたらしい。時は21世紀なのだ。
筆者はただ一度だけ、幌延から留萠に抜けた。「北川口」という、自分の名前が盛り込まれている駅名票1枚だけ撮影していた。

天塩・羽幌駅スタンプ
TOP