万字線



線名:万字線(まんじ・せん)
区間:志文(しぶん)−万字炭山(まんじたんざん) 23.8Km
全駅:志文−上志文−朝日−美流渡−万字−万字炭山
開業:1914年11月11日 志文−万字炭山
全通:1914年11月11日
廃止:1985年04月01日
訪問:1974年08月05日

万字炭山駅入場券

北海道の中央部には、ひげのように伸びた枝線がいくつもあった。炭鉱へと伸びる線路である。なかでも万字線は、ずばり「炭山」とついた駅が終着駅であり、石炭輸送のための路線であることをはっきりと示していた。そして、石炭産業の斜陽とともに消えていった。
筆者が訪れたのは、夏の日の夜であった。岩見沢駅前のスワン食堂で、カツどん汁付250円を食べ、18時42分発の937Dに乗った。先を急ぐ乗りつぶしのために真っ暗になってこの駅に着いた。ホームから駅舎まで100mは離れている不思議な駅だった。駅舎や駅名票の写真は残っていない。入場券を買い求めると、最低区間の乗車券といっしょになった切符だった。19時30分の終列車で戻ったがガラガラの3両で、万字炭山から乗ったのは筆者だけだった。
万字炭山駅がどんな駅だったのか、ヤードは広かったのか、記憶がない。いまではたった1枚のこの切符が、万字線の想い出である。

航空写真へ

TOP