廃線前を訪ねて

1980年代初頭、国鉄ローカル線の多くは、莫大にふくれあがった国鉄の赤字を(ほんのわずかだけ)解消するため、「鉄道としての使命を終えた」と廃線にさせられてしまった。その国鉄も、1987年3月31日をもって終わり、民営のJRに生まれ変わった。
こんにち、廃線跡を訪ねるインターネットホームページは数あるが、若い作者のページが多いためか、廃線前の現役時代の姿を紹介するページは少ない。
幸か不幸か、筆者・北川宣浩は国鉄廃線が相次いだ時代に独身貴族を謳歌し、各地を鉄道や自転車で飛び回っていた。そこで、晩年の姿を当時の資料と私情を交えて、廃線の集中した北海道に絞って紹介することとした。

今から思えば、もっと体系的に写真や切符やスタンプを集めていればよかったのにと悔やまれる。失ったものは戻らない。だから、廃線跡を見れば、今を大切に生きる尊さを教えられる。
このコーナーを作成するにあたり、次の資料を参考にした。
  • 国鉄監修時刻表 1975年3月号/交通公社
  • 道内時刻表 1984年11月号/弘済会
  • 国鉄2万キロの旅/監修・種村直樹/廣済堂出版 1980
  • ローカル線の旅/種村直樹著/交通公社のガイドシリーズ 1982
  • 鈍行列車の旅/種村直樹著/交通公社のガイドシリーズ 1984
  • 駅名変遷事典/JTB「旅」1993年4月号付録

    興浜北線、士幌線の車内放送を音声で紹介しています。2008/01/23

    このコーナーにある文章・写真・スキャン画像・その他一切の無断転載を禁ずる。
    ご意見・ご感想・ご要望・間違いの指摘・追加資料・その他なんでも、下記までメールください。
    (c)北川宣浩 E-mailはこちら



    リンクバナー
    リンクバナーにお使いください。160*30 3KB。
    http://kitagawa.tv/travel/haisen/