QUIZ > クイズ王の本 > 第4回(1980)山口由美


大空に咲いた私の夢………第4回/山口由美

※コース概要

 1980年、後楽園の参加者は2707名。1問目はヘリコプターから投下された。○と思えば外野に残り、×と思えば内野へ移動。結局100名が成田空港へ。

 成田はアミダとかクイズとか案があったが結局ジャンケンに。さらに敗者復活戦があって一人が機内へ。サイパンで機内クイズの最下位と席を交代しました。

 グァムでは初のドロンコクイズ。ハワイではおなじみ船上ダイビングクイズ。サンフランシスコではゲストを招いての三択インスピレーションクイズ。ソルトレイクシティでは塩の砂漠でバラマキクイズが。

 

 イエローストーンへ来たのは8名、間歇泉の前での早押しクイズ。コロラドスプリングスでは氷の上での駆けっこおりクイズ。アルバカーキではインディアンと馬に乗っての早駆けクイズ。ニューオリンズではフットボール場でのタッチダウンクイズ。ここで唯一の男性が落ち、残るは女性4名に。プエルトリコでは早押し通過クイズ。そしてニューヨーク決戦。

 賞品は組み立て式の飛行機だった。

Googleマップでコースを見る


雲のじゅうたんが実現しました

 ごぶさたしております。山口由美です。86年に結婚して姓が変わりました。テレビをごらんになっていた皆様は、上田姓のほうがなじみがおありでしょうし、あるいはハチマキ娘というニックネームのほうが聞こえがいいかもしれませんね。

 あのころは、父の経営する不動産会社でお茶くみをしておりましたが、今は日本航空のアシスタントパーサーとして雲の上で働いております。フライトの都合で日本にいないことも多く、そういうわけで、もうウルトラクイズに参加できる機会も少ないでしょうが、毎年の放送は楽しみで、ビデオで拝見させていただいております。今の仕事に就きましたのも、実はウルトラクイズが深い縁になっているのです。そのことについては後ほど述べさせていただくことにして、まず当時の私の気持ちや、旅についてお話しさせていただきたいと思います。

 

■ルートガイド


より大きな地図で 第4回アメリカ横断ウルトラクイズのルート を表示